1. ホーム >
  2. ニュース

NEWS

<<<※※※ 新商品「S i i 」 ※※※>>>

2017 12/12

 昨年「FLOAT」に続き、IFFT2017ビッグサイトで「S i i 」を発表し、スタジオでの撮影も終了。

来たる2018年1月10日(水)~11日(木)新春展で大川初披露致します!


 『  ふとしたきっかけで、人は経験や記憶のなかから

    様々なことを思い浮かべ、想像します。

    美しい こと

    凛々しい こと

    香しい こと

    猛々しい こと

    清々しい こと ・ ・ ・

    S i i とは、多様性のある言葉の一部と

    デザインの特徴を結びつけ、 うまれました。


    Leading to daily life and one's memory


    中心に器のような余白を持ち、垂直と水平でミニマルに構成させた S i i 。

    素材により、触感、重み、温度が変わり、

    置くものにより季節、アートを感じ、香りを感じる。

    インテリアが余白を持つことで、

    これまでとは違う感覚と情景を生むかもしれません。

    多様な表現ができる S i i が「日常と記憶をつなげる」モノになり、

    それがまた記憶に残るモノになればと考えます。            』



ご来場お待ちしています!\(^o^)/

大川産業会館2F ブースNo.G08


<<<IFFT/インテリア ライフスタイル リビング>>>

2017 12/04

 去る11月20日(月)~22日(水)開催のIFFT / Interior Lifestyle Living に出展いたしました。

出展者数472社(内訳:日本348社/海外124社)、3日間全体の来場者数では、16,603名のお客様で賑わいました。

昨年同様産地大川共同ブースにおいて、新商品「Sii 」を発表し、インスタレーションの効果もあり、大いに

注目を集めた出展となりました。

様々な言葉がありながら、言葉の語尾に残り、美しい音の「~しい」を表現方法として名前に取り入れた「Sii 」。

今回の展示会では、日本文化の精神性を表現し、昨年発表した「FLOAT」と同様に、余白をもった空間、

そして水平と垂直、無機質と有機質の異素材からなるデザインで、全体のフォルムは変わらず、中心の器に自分の

好きなものを置く、飾る、香る、居る空間と変化させ、生活を豊かに彩る存在を提案しました。

弊社ブースにおいては、大変多くの様々な業種のお客様にお越し頂きました。そして商品の表現方法に共感して頂き、

大変貴重なご意見など拝聴することができました。

3日間ご来場の皆様、誠にありがとうございました。今後とも末永くご愛顧頂きますようよろしくお願いいたします。


<<<ジャパンインテリア総合展2017>>>

2017 4/19

 2017年2回目となる『ジャパンインテリア総合展2017』(業者展)が4月5日(水)、6日(木)、そして一般公開として

『第8回春の木工まつり』も連動して8日(土)、9日(日)に開催されました。

ジャパンインテリア総合展全体では、昨年以上の900社近いお客様にお越しいただき誠にありがとうございました。

弊社では、注目度の高い「ミューク」、「キューブ」シリーズをはじめ、お客様の要望から生まれたアイテム「ムーブ」

ハイタイプのTVボードを出展し、多くのオファーとご注文を頂くことができました。

また「木工まつり」では、一般のお客様の関心度を図るうえで最も重要な機会でもありますが、今回の販売を通じて

新たなニーズと同時に、これからの取り組み方を考える上で大変貴重な時間を頂くことができました。

そしてこれからも新しい商品開発を行い、皆様の期待に応えてまいりたいと考えています。

ご来場誠にありがとうございました。今後共ご指導賜ります様、どうぞよろしくお願いいたします。


<<<第47回大川家具「新春展」>>>

2017 2/6

 2017年の幕開けとなる第47回大川家具「新春展」。
1月11日(水),12日(木)の2日間、大川産業会館にて開催され、弊社も1FのC28ブースに出品いたしました。

新春展は年4回開催される展示会の中でも、最もご来場者数がが多い展示会ですが、昨年同様1,539社、2,619名の
たくさんのお客様にご来場いただきました。

弊社では昨年末の東京ビッグサイトで発表した「フロート」シリーズを中心に、「ミューク」、「ムーブ」、
「SK」シリーズを出品しました。
NEWアイテムも今回の展示会で初めて出品し、大変多くのオファーを頂き、今後に期待が膨らむ展示会で
終えることができました。


会場で頂きましたご意見、ご要望には必ず応えられるよう努力して参りたいと思います。
今後共ご指導賜ります様、どうぞよろしくお願いいたします。