ニュース-大川家具 テレビ台/チェスト|SHIKI-志岐インテリア工業

公式フェイスブック 公式ツイッター 公式インスタグラム
  1. ホーム >
  2. ニュース

NEWS

IFFT2019へのご来場、誠にありがとうございました!

2019/11/27

11月20日(水)~22日(金)に東京ビッグサイトで開催されました、2019 IFFTに出展させていただきました。
弊社ブースにご来場いただきましたお客様および共同出展社の皆様、関係者様に厚く御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。
幸いにも多数のお客様よりご好評をいただきまして、身の引き締まる思いで今後の展開や開発に真摯に取り組んでいこうと思います。

さて、SHIKIとしても楽しみにしていた今回のIFFTですが、会場やSHIKIのブースの写真を交えながらご紹介したいと思います。

 

今回もSHIKIスタッフが一丸となって製作し、無事に新作をご提案することができました。
商品名は「MABI(マビ)」といいます。

CONCEPT
日本人にとって身近な表現のひとつに「間」というものがあります。
床の間、居間、土間、間を空ける、間を入れる、間近など。
「間」という言葉は日常よく使われますが、空間においては、物と物の間の空間、隙間でもあり、
時間においては、間の時間、暇な時間ということでもあります。

このように「間」というひとつの言葉が、空間(space)と時間(pause,interval)の両方に使われていることを
日本人はあまり不思議なこととは感じていません。


それが自然なのです。


この日本人の「間」の感性を 日本古来の「大和比1:1.414」と正方形、
そして細部までにこだわりを持たせたつくりで表現しました。

一つの空間を自分に合った組合せをすることで、楽しみと共に心に「間(ゆとり)」を持ち、
日本独特の感性である「間」の美意識をあらためて感じて頂けるような家具となるよう提案します。

 

ここ数年は福岡市のデザイン事務所「FANFARE」様のご協力のもと、新作を発表していたのですが、
今回は企画・デザイン・製作・ブースレイアウトなど、最初から最後まで全てを自社で行いました。
期待と不安が入り混じりながら会場入りし、幸いにも設営も順調に進み、あっという間に開催日を迎えました。
結果、お客様からは大変嬉しいお言葉をいくつも頂戴することができ、
楽しんでもらえるブースをご提案できたようで安心しました。

次のSHIKIが出店する展示会は大川で開催されます、1月の新春展がございます。
その際にもご満足いただけるブースをご用意したいと思っておりますので、脚をお運び頂ければ嬉しいです!

改めまして、この度はIFFT2019の会場にお越しいただきまして、誠にありがとうございました。
今後ともSHIKIを何卒よろしくお願い申し上げます。




ロゴの変更と、ブランド名について

2019/11/26

この度、ブランド名をSHIKIに改めまして、ロゴマークを一新することとなりました。

新しいブランド名は「SHIKI(シキ)」です。


“シキ”=意識

美意識、色、景色、格式・・・。
さまざまな“シキ”を“意識”して生まれるプロダクト。
使い手に、“意識”が“無意識”に伝わるブランド、SHIKI。


“シキ”を意識する象徴

さまざま意識を見出す姿形。
正円ではない“えん”は、フレキシブルな発想や姿勢を象徴的に表しています。
モノづくりへのこだわりを持ち続けるSHIKIの意識を表現したロゴマークです。




FLOATシリーズがご希望に応じて様々なオーダーに対応できるようになりました。

2019/11/25

お問合せの多かったFLOATシリーズが、サイズや機能を自由に選んでオーダーできるようになりました。
TVボードは10cm刻みに10段階、サイドボードは扉の枚数を変更することで、約40cm刻みに4段階のサイズに対応しています。

機能のカスタマイズとして、TVボードの収納部をフラップ扉タイプと引出しタイプからお選びいただけます。フラップ扉は突板ガラスを採用していますので、扉を閉めたままAV機器などをリモコンで操作することが可能です。

TVボード、サイドボード、センターテーブルの全てで、天板の材質を変更することができます。
標準仕様は突板タイプとなっており、オプションとしてブラックガラスを全種全サイズで選択可能です。また、TVボードの200cm以下のサイズと、サイドボードのみ銅板もお選びいただけます。
その他にご希望の材質がございましたら、SHIKIのお問合せフォームよりご連絡いただければと思います。

  



<<<新作デザインコンペにて農林水産大臣賞を受賞しました!>>>

2019/10/10

“畳”というモジュールを用い、場所や用途を選ばず、使用する環境に合わせてお使いいただける
「ILOCO」をトータル空間で提案し、農林水産大臣賞を受賞することができました!

去年は 「Sii」で内閣総理大臣賞を頂きましたが、2年連続の最高賞は逃してしまいました・・・が!!
今回の受賞で9年連続の受賞となり、連続受賞記録は伸ばすことができました♪
今後も皆様に愛される家具を提案し続けていきたいと思います!!

残念ながら展示会の一般入場はできないのですが、一般のお客様もご来場いただける木工まつりが控えています!
今回受賞した「ILOCO」も木工まつり開催中も展示しておりますので、是非遊びに来てください♪
今年も木工まつりでは各会場で様々なイベントがありますし、志岐インテリア工業のブースでも来場者プレゼントや
10%オフキャンペーンなどを企画しております!
詳細は志岐インテリア工業の各SNSTwitterFacebookInstagramや、前回の記事をご覧ください♪

皆様のご来場を心よりお待ちしております。




<<<第70回木工まつりにて3大イベント実施!>>>

2019 9/30

なんと今年で70周年!
大川 木工まつりに出展します!是非当社ブースへ遊びに来てください♪


日程:2019年10月12日(土)・13日(日)・15日(月祝)の3日間 場所:大川産業会館1階(正面玄関から入って中央階段の向かって左側です)

今回は来場者プレゼントとして、かわいい「フォトスタンド」を2個1セットでご用意いたしました!ブログやSNSにて実物を公開しております)
こちらは3日間合計先着60名様(1日当たり先着20名様)限定品となっております。


プレゼントをお渡しできる条件が1つございまして、当社のSNSアカウントをフォローしていただいた方に限らせていただきます。(お手数ですが、当日スマホ等で確認できる物をお持ちください)
フォローしていただけるSNSはTwitterFacebookInstagramの内から1つお選びください。


さらに!!

「消費税10%を吹っ飛ばそー!」ということで、こちらもSNSをフォローして頂いた方に限りますが、今回の木工まつりの3日間に限り、当社商品を店頭表示価格より10%オフとさせていただきます!!

さらにさらに!!!今回はご協力頂いた企業が2社ございます!!

主に「い草」製品を取り扱ってある、「イケヒコ・コーポレーション」様。
https://www.ikehiko.com/

「鉄」製品を取り扱ってある、「NINE PER ONE」様。
https://nineperone.co.jp/

この2社ともコラボレーションし、当社ブースにて各社商品の販売もさせていただくことになりました!!
今回の木工まつりは賑やかになること間違いなし!

是非!皆様のご来店を心よりお待ちしております!





<<<「OKAWA The Future Furniture 2019」に出展致します。>>>

2019 9/5

日本有数の家具産地である、福岡県大川市で開催される「OKAWA The Future Furniture 2019」に出展致します。
昨年は弊社の「Sii(しぃ)」シリーズが内閣総理大臣賞を受賞することができ、素晴らしい1年にすることができました。
今年は日本の伝統的な単位である、「1畳」をモジュールとした、「ILOCO(イロコ)」を出品致します。
1畳や半畳サイズのILOCOを組み合わせることで、様々なレイアウトに対応でき、ご使用いただく環境に合わせて機能をお選びいただける商品となっております。
ご来場の際には、是非弊社ブースへと足をお運びくださいますようお願い申し上げます。


場所:大川産業会館1F(正面玄関から入り、中央の階段に向かって左側が弊社ブースとなります)
日程:10月9日(水)~10日(木)


また、12日(土)~14日(月祝)の3日間、展示会の後に行われる大川木工まつりにも参加しておりますので、そちらもよろしくお願い申し上げます。




<<<新春展へのご来場、誠にありがとうございました>>>

2019 2/1

2019年1月16日(水)、17日(木)の2日間に亘って開催されました、「第51回 大川家具 新春展」に出展させて頂きました。

今回の弊社ブースですが、「1畳」というモジュールによる、店舗・オフィス・リビングルームなどに対応できる空間提案を行ない、個性的なパレットに着想を得たフォルムの新商品「ILOCO(イロコ)」には、大変多くの反響を頂きました。

先日の福岡デザインアワードで受賞作となりました、天板が浮いたように見える「FLOAT(フロート)」。
そして角の丸いやさしい印象の「MJUK(ミューク)」にも多数のお問合せを頂くことができました。

ILOCO」につきましては、現在製品化に向けて鋭意製作中でございます。
1日でも早く皆様の元へとお届けできるよう努めて参りますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。





2018 < その他のニュース